ひなた整骨院ブログ

お知らせ詳細

腰痛の原因とトリガーポイント、筋肉の痛みの治し方②

こんにちは!藤島です。 朝晩はかなり冷えるようになり、寒暖の差から風邪が流行ってるみたいです。

 

 

前回、トリガーポイントについて少し触れましたが、今日はトリガーポイントが慢性痛の原因にもなるというお話です。
 
 
筋肉の痛みの原因であるトリガーポイントは、筋肉を酷使したりすることで出来ると思われがちですが
 
 
トリガーポイントは筋肉を酷使したり、ぶたけたりしなくても、私たちの知らないところでできています。
 
 
例えば、大勢のひとの前で話すときに全身が硬くなったり、肩が凝ったり、足がだるくなったりした経験はないでしょうか?
 
 
そもそも筋肉はストレスなどにより、交感神経が優位になると、緊張して硬くなる性質を持っています。
 
 
それは、筋肉の中にある筋紡錘というセンサーに交感神経が分布しているためです。
 
 
 
このように、我々が意識しないところで、筋肉は緊張と弛緩を繰り返しています。
 
 
短期間のストレスであれば問題ありませんが、ストレスが長期間すると、筋緊張も長期間となり、筋肉疲労を起こして、トリガーポイントが出現することも多々あるのです。
 
 
 
筋肉を酷使して出来たトリガーポイントは、見に覚えがあるので原因筋を探すことが比較的容易ですが
 
 
ストレスにより出現したトリガーポイントは、意識してないためにどこの筋肉にトリガーポイントが出来たのか探すのが困難です。
 
 
その上、筋肉の痛みは痛いと感じる所と実際に痛いところが一致しないので、どこの筋肉が原因かが非常に分かりにくいのです。
 
 
このように、トリガーポイントは原因不明の痛みの原因であることが多く、また慢性痛の原因の一つでもあると言われています。
ひなた整骨院

住所
〒860-0823
熊本県熊本市中央区世安二丁目2番2号
TEL 096-327-0007
受付時間
月~土 10:00~14:00 16:00~20:00
※木曜日は午前診療のみです。
休診日 日・祝
  • アクセス情報アクセス情報

スタッフの日常ブログはこちら