ひなた整骨院ブログ

お知らせ詳細

内側から透き通る、潤いのある肌を目指したい貴女!!熊本市のひなた整骨院へ

皆さんこんにちは(^-^) ひなた整骨院の田上です。

 918beb8879adb5cbb983038999c4a734

緊急事態宣言も解除され

長い自粛期間を過ごし、いままでの日常がどんなに幸せだったかと、

とても考えさせられました、、、。

自粛要請が解除されても、また元のような生活の仕方ではなく

新たな日常の始まりですね。

引き続き、色々なことに気を付けながら生活を送っていきましょう。

そして、これからの時期、気を付けたいのが。。。紫外線!!です。

 4月から9月にかけて1年間のおよそ70~80%もの紫外線が

降り注ぐと言われています。

肌の老化は紫外線によって加速するので、これからの時期

いかに紫外線から肌を守っていくかが重要になります。

そこで今からできる紫外線対策をまとめてみました。

☆日傘を使う

日傘は頭だけでなく顔や首、腕なども守れるので、日常的に使っていきたいアイテムです。

紫外線を直接さえぎってくれるので暑さも和らぎます。

最近はカット率100%という日傘も出ていますよ。

☆帽子を被る

帽子を被るのもいいですが、夏は汗をたくさんかくので、出来るだけ通気性や吸汗性の

よいものを選ぶと良いでしょう。

帽子内のムレを解消するストローやリネン、コットン素材のものがオススメです。

☆サングラスをかける

最近はご存知の方も多いと思いますが、目から入る紫外線も肌の日焼けの原因となってしまうのです。

目が紫外線を察知すると、脳はメラニン色素を作るように命令を出します。

メラニン色素自体は紫外線が肌の組織を破壊しないように作られるものですが

シミやそばかすの原因になってしまいます。

目への対策が肌を守ることににもつながっているので、とても大切ですね。

☆日焼け止めをつける

日焼け止めは365日使いましょう!!

紫外線は一年を通して降り注いでいます。

そして、日差しが照り付ける日は皆さんしっかりUVケアをされると思いますが

曇りの日などは、今日はまぁいいかな~と

日焼け止めを塗らなかったりしていませんか?

通常、紫外線量は快晴の時に比べると薄曇りの場合は約80~90%

くもりの場合は約60%、雨の場合は約30%の量と言われていますが

雲の間から太陽が出ている場合には、雲からの散乱光が加わるため

快晴の時よりも多い紫外線が観測されることもあるそうなんです。

なんと!晴れている日より曇りの日の方がしっかりとUVケアをする必要があるのです。

驚きますよね( ゚Д゚)

曇りの日は晴れの日に比べてUV-Bこそ減少していますが

UV-Aの量はほとんど変わらず、皮膚に届く紫外線の量の実に95%を占めていて

長い時間をかけ、気づかない間にお肌の内部から老化させてしまうのです。

ひなたでは、顔・からだ用の日焼け止めも取り扱っております。

こだわりの無添加処方で肌に優しいのに

しっかりと紫外線カット SPF47 PA+++

シリコンフリーだから石鹸でもオフできる優れものです(^^♪

気になられる方はぜひお問い合わせください。

次回は飲む日焼け止めについて(*^^*)ご紹介しますね。

 

ひなた整骨院

住所
〒860-0823
熊本県熊本市中央区世安町452-1
TEL 096-327-0007
受付時間
月~土 10:00~14:00 16:00~20:00
※木曜日は午前診療のみです。
休診日 日・祝
  • アクセス情報アクセス情報

スタッフの日常ブログはこちら