ひなた整骨院ブログ

お知らせ詳細

外反母趾とは?

久峩です(・ω・)ノこんにちは。

 

皆さん外反母趾ってご存知ですか?

 

 

外反母趾とは、親指が変形し、小指の方へ曲がっている状態をいいます。

身体の中心から見て、親指が外側に曲がっているから外反母趾と呼ばれます。

 

 

次の項目に当てはまる方は、

外反母趾の可能性が高いですよ!

 

 

 

 

足が疲れやすい、むくみやすい

 

指が縮こまっている

 

歩いていると足が痛くなる

 

足裏にタコがある(特に指の付け根辺り)

 

親指、小指の横が赤くなる

 

 

 

特に歩いていると足が痛くなる(親指の付け根辺り)、親指、小指の横が赤くなる方は外反母
放っておくと確実に変形は進行していくかもしれませんよ!

 

したがって、変形する前に対処することをお勧めいたします!

 

 

 

外反母趾の原因とはなんだと思いますか!?

 

 

一般的に「外反母趾はハイヒールやパンプスが原因で起こる」

とよく言われますが、実際には子供や男性にも見られますよ!

ほとんどの場合、合わない靴を履いて

痛みや変形などを起こすトラブルが見られます!

実際の足の長さに対して、小さい靴を履いて痛みが起こることや、

あるいは靴の横幅のサイズが広すぎて、

足がつま先の方にずれていき痛みを起こすなどが多いです。
 

まずは自分の足の大きさを把握し、適正のサイズの靴を選ぶことが大切ですよ。

合わない靴を履き続けることで外反母趾やその他の足のトラブルがなかなか治らず

あるいは悪化するケースがとても多いからですね(・ω・)ノ

 

例え、先天的な外反母趾やリュウマチなどの後天的な変形要素を持っている方でも上手な靴選びあるいはインソールなどによるフィッティングをすることでほとんどの場合解決しますよ。

 

外反母趾のほとんどは、足の横アーチを形成している中足関節と呼ばれる部分の靭帯が緩んでしまうことが原因です。

(これも合わない靴や場合によってはスリッパやサンダルも原因となります)

その緩んだ靭帯でハイヒール等を履くため、さらにひどくなっていくというわけです。
また、幅の広い靴を履くとその幅の分だけ緩んだ靱帯が広がってしまうので逆効果になります。

外反母趾はその母趾の変形だけでなく足の横アーチが消失することも原因となります。

足の横アーチが消失すると、足指の付け根部分(前足部)の足の横幅が広がり、タコや魚の目、指の付け根の痛み、浮き指(指上げ足)等、様々な足のトラブルの原因となりますよ。

 

 

痛みがある方は我慢せずにひなた整骨院にいらしてくださいね。

高周波の特殊電気をご用意しております。

必ずあなたのお役に立てるはずですよ。

 

ひなた整骨院

住所
〒860-0823
熊本県熊本市中央区世安二丁目2番2号
TEL 096-327-0007
受付時間
月~土 10:00~14:00 16:00~20:00
※木曜日は午前診療のみです。
休診日 日・祝
  • アクセス情報アクセス情報

スタッフの日常ブログはこちら